カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ritsuko

Author:ritsuko
ダイビング

 BSACライセンス
 2005/11/20 ノービスⅠダイバー
 2005/11/21 ノービスⅡダイバー
 2006/03/11 スポーツダイバー
 2006/04/29 ライフセーバー

 PADIライセンス
 2006/07/09
 ピークパフォーマンスボイヤンシー
 2006/07/30
 デジタルアンダーウォーターフォトグラファー
 2006/09/01
 エマンジェンシーファーストレスポンス

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都・近鉄電車

dennsya.jpg


京都ならではのかわいい電車です。



京都発の西大寺行きです。(近鉄・奈良線)

私はいつも父のところへこの電車に乗って行きます[:電車:]

スポンサーサイト

京都散策・人力車編

maiko14.jpg


庚申堂の前で[:カメラ:]



人力車にも乗りました。

舞妓姿で乗るとかなり“お姫様気分”!?



人力車に乗るのは2回目です。(前は奈良で)



寒いかなぁと心配していたのですが、この人力車(えびす屋さん)の心づかいはすごいです。

腰のあたる場所にカイロを2つも置いてくれていて、ひざ掛けは2枚。

1枚は毛布です。



車夫さんはガイドブックに載っていないことも教えてくださったりします。



とても楽しかったです☆



あー、また乗りたい。

重要文化財 「八坂の塔」

八坂の塔・・・正式名は法観寺といい、聖徳太子の創建と云われています。



何度か焼失し、現在の姿は永享12年(1440)に室町幕府・6代将軍 足利義教によって再建されたもの



高さ46mの五重塔でとても美しい木造建築です。



今日は時間の都合でゆっくり観れなかったので、また行きたいと思いました。

kyoto2.jpg


舞妓さん変身・レポート

舞妓姿になるまで☆(半かつらの場合)



mmaiko1.jpg

mmaiko2.jpg




まず、肌襦袢と足袋の姿に着替えます



そして、その姿のまま和化粧をします

maiko5.jpg


メイク室





?普段のメイクを落とす



?和化粧の下地を塗ります(肩や背中も)

(その下地は歌舞伎油と書いてありました。密かにチェック!)

?水で溶いたおしろいを塗ります

?お粉をはたきます(一般のものより湿ってるような・・・)

?アイライン、京紅を差します(アイラインはかなり太く乾くまで目を閉じています)

?眉を書きます(黒と赤を使います)

あの不思議な眉の色はこうして作られていたのですねー



?かつらをつけます

※半かつら(自分の前髪と横の髪をつかう方法)の場合

前髪と横の髪を逆毛をつくり、かつらに馴染ませます。

茶髪の場合は黒のスプレーを使います。

(半かつらは前髪が鼻の長さまでないとできません)



?着物を選び、着ます

?かんざし、髪飾りをつけます



こんな過程で出来上がります☆


maiko4.jpg




京都散策・舞妓編

今日は、舞妓姿で二年坂を散策しました。



maiko3.jpg


今日、知り合った外国人のお二人と[:カメラ:]

シンガポールの方(左)とたぶんアメリカの方(中)だと思います。

「Where are you from?」しか質問できませんでした(泣)

ほかにも質問してみたけど・・・「ん?」

そんなこと聞いてないよ~みたいな答えが・・・



私のカタコト英語はヒドイですから通じなかったんですね[:汗:]

っていうか英語になってないし・・・

でもまぁ、心でだいたい通じあうものです。はい。



舞妓レポート つづく

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。